年間行事
学校案内

校長よりメッセージ

五所川原第一高等学校は「新しい自分発見」を可能にする学校です。

 高校3年間は、人生において精神的にも身体的にも成長著しい時期です。生徒一人ひとりが自分自身を見つめ、自分の個性や能力に気づき、夢に向かって自らを磨き、大きく羽ばたけるよう、「夢は実現する!」を全力で伝えていきます。

 本校通信制は、生徒一人ひとりを大切に心の通った教育を実践しています。あなたの新しい自分探し、夢探しを応援します。

 

特色

  • 単位制

    学年の区別がなく、必修科目を含め74単位以上を修得すれば高校卒業資格を認められる制度です。高校中退者は修得済みの単位を卒業に必要な単位に含め、履修認定科目とします。
    単位制の特性を活かし、大学入学資格検定や技能審査の成果なども弾力的に単位認定し、転編入生の積極的な受入れをします。

  • 年2回の募集

    前期・後期の年2回の募集により、春(4月)と秋(10月)にそれぞれ入学。従って単位の取得状況により3月または9月に卒業できます。

  • 三修制

    3年間で卒業を可能にする制度であり、スクーリング(面接指導を受けるための出校)の受講および、レポートの提出、単位認定試験の合格により単位の履修が認められます。
    また、パソコン機器をはじめ多様なメディアを活用し、可能な限り生徒の実情に沿った指導をします。
    なお、3年間で卒業しようとする場合、スクーリングは週2回(金・土曜日)です。科目ごとに決められた日数の出席が必要です。

  • 多様な生徒の受入れ
  1. 転編入生の受入れ

    転編入生については、過去に在籍した高校で修得した単位を最大限に活かし、既修単位を免除します。

  2. 科目履修生の受入れ

    生涯教育の観点から、科目履修生として一部の科目のみ履修を希望する方も受入れます。

  3. 前籍校において不登校傾向だった生徒も受入れます。

    暴力傾向がない限り、適応障害など、多様な生徒を受入れ、自学自習の援助に当たります。

ICHIKO単位制教育システム

単位制教育システム