学校紹介

学校長挨拶

魅力と活力のある学校を目指して

 本校は、戦後の女子教育を充実させるため、昭和23年、創立者故舘田きね先生によって五所川原家政寮が開設されて以来、幾多の困難を乗り越え、努力を重ねてきました。昭和32年には家政高等学校に発展し、時代の推移と地域社会の要望により昭和40年には商業科、昭和47年には普通科が併設され男女共学制となり、校名も五所川原第一高等学校と改めました。同時に、校旗の樹立、校歌、 校訓、校章の制定を行い、新時代の要望に対処すべく進学教育と資格取得教育の二大目標を掲げまし た。「青森県第一の進学校になろう」、「青森県第一の資格取得校になろう」は、現在も生徒の励むべき目標となっています。 校訓である「明朗、協調、進取」は、本校の建学の精神「勤勉誠実にして心と体の調和のとれた社会に有為な人材の育成」をねらいとしています。教育は、時代を背負っていく人材を育てる使命を帯びて います。本校は、これまで自負と誇りを持ち、教育活動に取り組んできました。 今日、生徒を取り巻く環境は著しく変化しています。生産年齢人口の急減、労働生産性の低迷、グローバル化・多極化の荒波に挟まれた厳しい時代において、世の中の流れは予想以上に早く、職業の在り方も様変わりしています。学校は、次世代に合った教育環境を整え、地域社会に貢献できる人間力豊かな人材を育でなければなりません。「生徒の能力を最大限に引き出す学校」「生徒にやる気を出させる学 校」「生徒に夢や希望を持たせる学校」を目標に、生徒一人一人が輝く学校でありたいと思います。

建学の精神

勤勉誠実にして心と体の調和のとれた社会に有為な人材の育成

学園のモットー

木を育てるように 花を咲かせるように

子供の夢を育てる教育を目指してきました

舘田学園は これからも育む心を忘れずに

一人ひとりの夢を応援します

校訓

  明朗 協調 進取 

◆ 明朗:礼儀、言葉遣い、服装が正しく、思いやりがある健康で明るい人を育成する

◆ 協調:他人の人格を尊重し、社会規範を守り、自己の所属する社会や団体

◆ 進取:豊かに思考し、進んで物事を処理する人を育成する

基本理念

校訓(明朗・協調・進取)に掲げてある建学の精神を堅持し生徒一人ひとりの人間性を大事にし人格の陶治、円満なる人間の育成に努める

大目標

◆ 青森県第一の進学校になろう

◆ 青森県第一の資格取得校になろう

教育目標

生徒自ら人生を切り拓いていけるよう、一人ひとりの能力・個性・適正を見つめながら、次の5点に努める

① 学力の向上

② 自立心の育成

③ 心身の練磨

④ 国際化に対応できる視野を広げさせる

⑤ 問題解決能力を養う

校章

古い契文の「五」であり、五所川原の五である。マルミをつけたのは「明朗」を表した。「五」の形を交わらせて「協調」の意味

四つの角は荒々しさを表現し「進取」の意味

一高のゴシック体は「真面目」「努力」の意味

 

沿革

 

学校法人舘田学園 五所川原第一高等学校(全日制)